M66のスケッチ

中央部分は完全に棒渦巻き銀河に見える。 中心部はもわっと膨らみ棒と滑らかに接続する。 棒と腕の接続部分は傘のような形の明るい領域が見える。 外縁の腕部分は傾きの異なる大きな渦が楕円に大きく広がっているように見える。 南側の腕は特に明るく特徴的な形で、ぐいっとS字に曲がりながら南に延びるように見えた。 一方で北側はあまりはっきりとせず、単に淡く丸く広がっているように見えた。 以前は M65 とどっちがどっちか区別が出来なかったが、こうして詳しく見てみると個性が見えてきて区別できるようになった。

天体のデータ
M66しし座銀河8.9等9.1'x4.1'3530万光年
スケッチデータ
スケッチ終了日時2021年1月16日26時30分
観測場所ハワイ島 マウナロア山 観測所前の駐車場 (海抜3,400m)
使用機材自作60cmドブソニアン + SIPS + XW7 (320倍、0.22度)

M66のスケッチ

腕が思ったほどはっきり見えない。 M65の方が大きく感じる。 銀河中心部ははっきり集光している。 細長い中心部に、全体的にモアっとしたガスが伴う感じで見えた。

天体のデータ
M66しし座銀河8.9等9.1'x4.1'3530万光年
スケッチデータ
スケッチ終了日時2007年3月15日23時45分
観測場所東北大学天文同好会 安達観測所
使用機材自作40cmドブソニアン + パラコア + Nagler Type4 12mm(170倍, 0.47度)