M8干潟星雲のスケッチ

夏を代表する大型の散光星雲。 西側が主にガス、東側が散開星団のような感じで、どこまでも淡い星雲が広がっているように見える。 天体写真ではさらに西の領域にも明るく星雲が写るのに、スケッチではそれがほとんど見えなかった。

天体のデータ
M8いて座散光星雲4.5等45'x30'4300光年
スケッチデータ
スケッチ終了日時2007年6月12日25時50分
観測場所東北大学天文同好会安達観測所
使用機材自作40cmドブソニアン+パラコア+Nagler Type5 31mm (67倍, 1.2度)