TeleVue Dioptrx 0.50

TeleVue Dioptrx 0.50
TeleVue Dioptrx 0.50

Type5 31mmで観望する時、どれだけ光軸を追い込んでも星が伸びて見えていた。 他のアイピースでは見られない事からType5 31mmの光軸が狂っているのかと思っていたが、その原因は実は私の目の「乱視」にあった。 眼鏡を作る時、右目Sph:-2.50, Cyl:-0.50, Ax:180と診断された。

ディオプトロクスの使用によってアイピースのアイレリーフは 3.1mm 短くなる。 射出レンズは 5mm 奥まったところに位置するため、全視野見えないアイピースもある。 自作40cmドブソニアンで瞳径が 4.3mm となる Type4 22mm ではディオプトロクスの有無で効果の違いは感じなかった。 瞳径が 6.0mm となる Type5 31mm ではその効果は顕著で、星像は綺麗な円形となり、一点に収束する。 使用して気持ちがいい。 私の場合、ディオプトロクスの効果があるのはType5 31mmだけなので、Type5 31mmに常につけて保管・運用することにした。

自作60cmドブソニアンでは Type5 31mm に変わって Ethos 21mm を使用する予定である。 未だ試せていないが、この組み合わせで瞳径は 5.5mm となり、ディオプトロクスの使用で気持ち良く観望出来るだろうと期待している。

TeleVue Dioptrx 0.50のスペック
取り付け規格ゴム見口取り付け部
レンズ直径34mm
アイレリーフ-3.1mm
重量23g

註:アイレリーフはディオプトロクスの使用によって短くなる物理的な長さを示した。ガラスの屈折率は考慮していない。

履歴