このウェブページでは見かけ視野60度以上のアイピースを「広角アイピース」、見かけ視野80度以上を「超広角アイピース」、見かけ視野100度以上を「極超広角アイピース」と定義します。 超広角アイピース、及び、極超広角アイピースがもたらす圧倒的な天体の迫力に魅せられ、Meade UWA、TeleVue Nagler、TeleVue Ethos、Nikon NAV-HW、等々、徐々により広視野かつより高性能なアイピースに手を染めるようになりました。 ただし最近は天体スケッチのしやすさや中心部のシャープさから広角アイピースに回帰しつつあります。 ここでは所有するアイピースとその他眼視アクセサリー、加えて過去に所有していたアイピースについて紹介します。

現在所有するアイピースと眼視アクセサリー

アイピースケースに入れていつでもフィールドに持ち込めるようにしているアイピースと眼視アクセサリーを以下に紹介します。

同じシリーズのアイピースでも焦点距離毎に設計は異なるはずです。 シリーズが同じでも、焦点距離が違えば全く別のアイピースとして評価することが大切だと私は考えます。 なお倍率と見かけ視野は自作60cmドブソニアン + SIPS を使用した場合を記載しています。

過去に所有したアイピースと眼視アクセサリー

過去に所有していたアイピースと眼視アクセサリーを以下に紹介します。