Nikon NAV-14SW

Nikon NAV-14SW side view
Nikon NAV-14SW

EiC-16と組み合わせて使用する事で焦点距離8.8mmの接眼レンズとして機能することを期待して購入したアイピース。 射出レンズはNAV-7SWと同一と思われるがコーティングの色が違う (NAV-14SWは黄、赤、青の順に反射光が見えるのに対し、NAV-7SWは青、非常に薄い赤、黄色の順に見える)。 SWシリーズで唯一の5群6枚で、他のアイピースより1枚レンズが少ないとのこと。

2015年1月末に時間が取れたので自宅庭に40cmドブを組み立ててNAV-14SWの評価を行った。 そして分かったのだがNAV-14SWには樽型の歪曲収差があるようだ。パラコア2の有無、 EiC-16の有無のいずれの場合でも樽型歪曲が見られたので、この歪曲はNAV-14SW由来のものだと考えられる。 樽型の歪曲収差は中心部ほど倍率が高く周辺部は倍率が低い事を意味する。

2015年2月1日に木星を観望したが、視野周辺にいくほど木星が歪み、小さく見えたので間違いなく樽型の歪曲収差があると言える。 比較に用いたNAV-10SWでは木星の形や大きさの変化はわからなかった(すなわちNAV-10SWは糸巻き型の歪曲収差がある)。 私にとっては残念な結果だ。

視野中心付近のシャープネスなどの評価は歪曲収差に気を取られ、評価する事をすっかり忘れてしまった。

Tele Vue Delos 14mmやPentax XW14と比較してみたいものだ。 XW14はサークルの観測所に買って使い倒した経験があり、過去にテレビュージャパンに持って行ってDelos 14mmと比較したところ、地上の景色(マンションの壁面)では若干Delos 14mmのほうがシャープに見えたように記憶している。

Nikon NAV-14SWの仕様
焦点距離14mm (14.0mm)
視野絞直径17.6mm
見かけ視野72度
アイレリーフ17.9mm
射出レンズ直径24.0mm
重量270g
レンズ構成5群7枚
ピント位置?mm
パラコア2位置B [-7.6mm]付近
生産国日本

註:カタログスペックより実測値を優先して記載。括弧内は視野絞直径から計算した値。

参考写真

Nikon NAV-14SW side view 2
目当てゴムを引き出した状態のNikon NAV-14SW
Nikon NAV-14SW top view
射出レンズ側から見たNikon NAV-14SW
Nikon NAV-14SW bottom view
入射レンズ側から見たNikon NAV-14SW。

履歴

Nikon NAV-10SW

Nikon NAV-10SW side view
Nikon NAV-10SW。 2''アダプターに Howie Glatter Parallizer を常用している。

NAV-12.5HW + EiC-H10の星像は非常にシャープで見かけ視野も102度もあって非常に気持ちよいのだが、天体スケッチでは見かけ視野が広いと星の位置が不正確になったりスケッチにかかる時間が長くなったりするためあまり適していない。 そこで同じ焦点距離で見かけ視野がそこそこ狭いが NAV-12.5HW + EiC-H10 と同様かそれ以上にシャープなアイピースを探し NAV-10SW の購入に至った。

NAV-10SW の購入前、幸運なことにサークルの別々の後輩が Ethos 10mm と Delos 10mm をそれぞれ購入して所有していたので、これらと NAV-12.5HW + EiC-H10 と比較することが出来た。 この比較によって Nikon と Tele Vue でアイピースの設計思想が明確に違うことに気がついた。 Tele Vue はあえて最微光星が分からない程度の解像度を意図して設計され、天体の構造や配列、色を強調するのに対し、Nikon はひたすら高解像度を狙って設計され、高精細にありのままの天体の姿を見せるように感じた。 Delos 10mm は Ethos 10mm と同じ傾向で星の色や明るい星列といった天体の特徴は見事に表現していたのだが星像のシャープさは NAV-12.5HW + EiC-H10 には及ばなかった。 これらの評価はサークルの後輩のオカPさんのブログ 送別観望会@蔵王→安達 にも詳しく書かれている。 そのため Nikon が高解像度を意図してアイピースを開発したと考えると、NAV-12.5HW + EiC-H10 と同じようなシャープな星像がNAV-SWシリーズで得られるのでは?と考えた、購入に経った。

前置きが非常に長くなってしまったが、購入後、シーイングの良い夜に NAV-12.5HW + EiC-H10 と比較してみたところ、星像のシャープさは同等で区別が付かなかった。 ごまかしの無いシャープな結像だ。私の設計思想の考察は間違っていなかったのだろう。 加えて NAV-10SW のほうが明らかに星雲が明るく見えた。M57 リング状星雲を観望すると明らかにガスが濃く見えた。 ステファンの五つ子を見ると最も明るく大きく見える NGC7320 が NAV-12.5HW + EiC-H10 と比較してより大きく見えた。 これらは NAV-10SW の透過率の高さが要因か?NAV-10SW は6群8枚と、10群12枚の NAV-12.5HW + EiC-H10 よりも構成レンズ枚数が少ない。

いずれにせよ期待通りの星像のシャープさに満足だ。他の焦点距離も追々買い揃えていきたいと思う。

Nikon NAV-10SWの仕様
焦点距離10mm (10.0mm)
視野絞直径12.6mm
見かけ視野72度
アイレリーフ18.5mm
射出レンズ直径29.0mm
重量420g/290g
レンズ構成6群8枚
生産国日本

註:重量、ピント位置、パラコア2位置はHowie Glatter Parallizer使用時 /31.7mmスリーブ使用時の順に記載。 カタログスペックより実測値を優先して記載。 括弧内は視野絞直径から計算した値。

参考写真

Nikon NAV-10SW top view
射出レンズ側から見たNikon NAV-10SW
Nikon NAV-10SW bottom view
入射レンズ側から見たNikon NAV-10SW。

履歴

Nikon NAV-7SW

Nikon NAV-7SW side view
Nikon NAV-7SW。 2''アダプターに Howie Glatter Parallizer を常用している。

かねてからシャープな高倍率アイピースが欲しいと考えていたが、シャープさに疑問があったことや使用頻度があまり高くないことが予想されたのでなかなか踏み切れなかった。 しかしハワイ島に引っ越してからシーイングが良い日が多く、高倍率が欲しくなった。 NAV-12.5HW + EiC-H10NAV-10SWのシャープな星像から、同様なシャープな星像を期待してニコンのこのアイピースも追加で購入した。

射出レンズの直径は24.0mm。 NAV-10SWの射出レンズと直径が異なる(NAV-10SWは29.0mm)。 購入前は同じシリーズのアイピースなので射出レンズは同じものが使用されていると思っていたが異なるものが使われているようだ。 カタログには「アイレリーフの数値にこだわるのではなく、性能優先光学設計とし」とあり、これは結像性能を優先した結果なのだろう。 結像性能に期待が持てる。

アイピースの性能については未だ検証段階であるが、今のところストレスなく使用出来ている。 購入直後に NGC2903 のスケッチを行ったが、期待通りのシャープな星像が得られ、快適にスケッチできた。 今後は Pentax XW7 と比較していきたい。

焦点距離7mmは自作40cmドブソニアンでの場合は瞳径が小さくなりすぎるのが難点だが、自作60cmドブソニアンでは瞳径が1.8mmとなることから、このアイピースが主力となることが期待される。

Nikon NAV-7SWの仕様
焦点距離7mm (7.0mm)
視野絞直径8.8mm
見かけ視野72度
アイレリーフ17mm
射出レンズ直径24.0mm
重量416g/286g
レンズ構成6群8枚
生産国日本

註:重量、ピント位置、パラコア2位置はHowie Glatter Parallizer使用時 /31.7mmスリーブ使用時の順に記載。 カタログスペックより実測値を優先して記載。 括弧内は視野絞直径から計算した値。

参考写真

Nikon NAV-7SW top view
射出レンズ側から見たNikon NAV-7SW
Nikon NAV-7SW bottom view
入射レンズ側から見たNikon NAV-7SW。

履歴