このウェブページでは見かけ視野60度以上のアイピースを「広角アイピース」、見かけ視野80度以上を「超広角アイピース」、見かけ視野100度以上を「極超広角アイピース」と定義しています。 超広角アイピース、及び、極超広角アイピースがもたらす圧倒的な天体の迫力に魅せられ、Meade UWA、TeleVue Nagler、TeleVue Ethos、Nikon NAV-HW、等々、徐々により広視野・より高性能なアイピースを求めるようになりました。 一方で2014年頃からは天体スケッチのしやすさや中心部のシャープさから広角アイピースに回帰しはじめました。 ここでは所有するアイピースと眼視用アクセサリー、過去に所有していたアイピース等について紹介します。

アイピースの写真

現在所有するアイピースと眼視アクセサリー

アイピースケース に入れていつでもフィールドに持ち出せるようにしているアイピースと眼視用アクセサリーを以下に紹介します。 フィールドであれこれ悩まないようお気に入りのアイピースだけを入れています。

所有するアイピースを 自作60cmドブソニアン + SIPS に使用した場合、自作15cmドブソニアン に使用した場合の倍率・見かけ視野・射出瞳径を以下にまとめました。

所有する望遠鏡の倍率、見かけ視野、射出瞳径
60cm F3.3 + SIPS15cm F6.7
Ethos 21mm 110倍0.92度5.5mm50倍2.0度3.0mm
NAV-12.5HW+EiC-H10220倍0.45度2.8mm100倍1.0度1.5mm
XW20 120倍0.61度5.0mm50倍1.4度3.0mm
XW10 220倍0.31度2.8mm100倍0.70度1.5mm
Morpheus 9mm 250倍0.31度2.4mm110倍0.68度1.4mm
Morpheus 6.5mm 340倍0.22度1.8mm150倍0.49度1.0mm
XW5 450倍0.16度1.3mm200倍0.35度0.8mm
Morpheus 4.5mm 490倍0.15度1.2mm220倍0.34度0.7mm
XW3.5 640倍0.11度0.9mm290倍0.24度0.5mm
XW5+Abbe Barlow 890倍0.08度0.7mm400倍0.17度0.4mm

interstellarum Deep Sky Guide によると中倍率は瞳径3~1.5 mm、高倍率1.5~0.75 mmぐらいのことを指すようです。 自作60cmドブソニアンの場合、中倍率は200倍~400倍、高倍率は400倍~800倍ということのようです。

Earl of Rosse, Philos.Trans.R.Soc., 134, 321 (1844) によるとロス卿の有名な かに星雲 のスケッチは3フィート(90cm)の金属鏡で250倍~800倍で描かれたようです。

以下は最近出番が少なくなったアイピースで アイピースケース には入れなくなりました。 なおXW20は 自作15cmドブソニアン に挿したままいつでも望遠鏡が使える状態にしています。

過去に所有したアイピースと眼視用アクセサリー

過去に所有していたアイピースと眼視用アクセサリーを以下に紹介します。

これまで「なぜ手放したか」はあまり積極的に書いててきませんでしたが逆にフェアではないと思い直しました。 少しずつではありますが、今後はなぜ手放したかについてもそれぞれのページに記していきたいと思います(2019年11月27日)。